5月の休診情報

新緑

公式の電話番号は、092-587-7071です。【他のサイトの無料通話ボタンは、つながらなかったり後日手数料が発生する場合がございますので、ご注意下さい】

料金の問合せは、直接窓口までお越し下さい。正確な体重とインフォームド・コンセントが必要ですので、病院内でしっかり対応させていただきます。

注意!カレンダーは目安です。でも時間帯や内容によっては十分診察対応出来る日もありますので、カレンダーのみでなく下記の詳細もあわせて、かならずご覧下さい。また、自動表示になっているので5を表示してご覧下さい。

Loading...
<< Previous | Next >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30  
  • =通常診療(ただし現在土日は、少人数で対応~11:30 平日の夕方は、特に初診の方や体調不良の子の場合は対応が難しくなります。ご理解とご協力いただけると助かります))
  • =終日休診
  • =下記参照

休診や時間変更などの詳しい内容は、下記をご覧下さい

入力していても、当月より先のスケジュールは目安(=確定ではありません)です。

初診(今回初発も含む)の方や体調不良の場合は、余裕を持って早い時間にお越しいただきますように、ご協力お願いいたします。スタッフの退勤時間が来てしまうと途中で診察や治療を終了したり、診断に必要な検査など、本来すべき事を制限せざるを得ない場合がございます。しっかりと診療したい思いから、書かせていただきました。

カレンダーの詳細

カレンダーでの部分は意外と来院数は少ないので、お早めにご来院く事が出来て、最悪混雑している場合は後日出直せるという方であれば、穴場のこともありますよ。体調不良の場合は、診察に時間を要するので対応出来ないかも知れません。

現在、時間の変更がございます。診療案内(受付時間など)のページを、ぜひご覧下さい。

:休診日:時間変更:通常&臨時診療(ただし現在土日は、少人数で対応~11:30)

  • 51(祝)~56(祝):ゴールデンウイークのため、休診です。
  • 5月8(水)狂犬病集合注射当番のため、午前の受付は10時30分までです。午後の診療は、14時30分からスタート予定ですが、帰ってくるまでの交通事情により前後します。また、診療の内容に制限がございますのでご注意下さい。
  • 514(火):は、5月のスケジュールが不規則なので、定休日をこちらに振り替えさせていただきます。
  • 515(水):狂犬病集合注射当番のため、午前の診療はお休みです。代わりに午後は1330分(130分)~スタートします。フードや、フィラリア・ノミダニなど、前日までにご連絡いただいていた薬などは事前に準備出来ますので、午前もお渡し可能です。
  • 519(日):勉強会参加のため、臨時休診です
  • 521(火):定休日です
  • 526(日):定休日です

臨時診療日

  • 57(火):診療します。本来は定休日ですが、ゴールデンウイークでスケジュールが不規則になっているため、診療日に充てます。

早めの案内です

  • 616(日)勉強会参加のため、臨時休診です

今月のコラム

今年は、超大型連休ですね。この国の知らせを聞いてから、心底困りました。と言うのも、スタッフのシフトなど考えたときに、この連休中に無理をして開けてもあとになって、「え?あいていたんですか?」って飼い主さまに言われる事がしばしばなので、いっそのこと休みにして他の日にちにしっかり出勤してもらうシフトにするしか無い状況でした。私たちも、前後の診療日にしわ寄せが来ますし、とにかく休診日に何か無い事を祈るばかりで、精神的に良い事なんて一つも無いです(T_T)。

さてさて話は変わりますが、こう言う季節の変わり目は体調をとても崩しやすいです。

胃腸のトラブルも、とても出やすくなります。下痢などの時はとりあえず食事を抜き、お腹を落ちつけてあげましょう。下痢をしているので、水分喪失があり脱水が心配です。お水はしっかり飲めるようにしてください。

また嘔吐も伴う場合は、更なる脱水がとても心配です。しかしこう言う場合は往々にして、飲水をすることで嘔吐を誘発してしまいます。

いっそのこと絶水をして、点滴などをしてもらわないと吐きが止まらないことが多々あります。

嘔吐がある場合は、変に様子を見ずに夜間救急動物病院(月隈)などに行かれることをおすすめいたします。

単に下痢だからとか、嘔吐だからとかで様子を見ず、他の原因でそう言う症状を示していることもありますので、きちんと診察することをおすすめします。

連休中に何かあった場合は、福岡夜間救急動物病院は夜間のみではありますが、年中無休で診てもらえますし、その後の連絡もちゃんと当院に届きます。また、その引継がとりあえず出来る病院を紹介してくれます。連休中はそれらの病院でみてもらい、休み明けは当院で引き継ぐことが出来ますので、とりあえず連休中に開いている病院を・・・とむやみに捜して行くより、夜まで時間が許すので有れば、夜間救急動物病院に行ったあとの方が引継がスムーズに行けます。またいろんなトラブルのリスクも少ないと思われます。

行かれる際は、まずお電話の上、行かれて下さい。電話番号は092-504-8999です。初診料は8,000円かかります。(ちなみにアニコムの保険は、2019年4月現在、夜間専門の病院の場合の初診料は保険対象になるそうです。)

ワクチン類に関して

ワクチンやフィラリアの注射 (注意:フィラリアの注射は、募集期間が限定されています)につきましては、重篤なアレルギーが発生した場合は、治療に半日~それ以上要する場合がありますので、午前の早い時間帯に接種されることをおすすめします。

当院では、利便性より動物たちの安全への配慮を優先し、普通の診療受付時間の1時間前までをワクチンの受付時間を推奨しております。

待てない方は、事前に受付にお伝え下さい。リスクを理解の上、同意していただき、接種後すぐに帰っていただくことも可能です。