動物福祉や様々な予防を伝えられる 諸外国や都心部にしかないような ≪次世代の動物病院≫を目指しています

当院のメリットとデメリット

動物病院選びの際、どう言うメリットがあるのか悩みますよね。おそらくデメリットを書かれている動物病院はないと思います。だからこそあえて当院をかかりつけに選んでいただくメリットデメリットをまとめてみました。

気になって下さったからこそ、こちらのページをご覧になっていただけているかと思います。読み進めていただき、もし、ここに変なに引っ掛かりを感じられる場合は、もしかしたら他院に行かれる方が、飼い主様に無駄な時間を使わせてしまう事を防げたり、辛い思いをさせなくて済むのかと思い、書いてみました。

私たちは、一般的な動物病院とは特徴が異なります。人と動物がかかわる時にはすべてにおいて、動物福祉が大元にあると動物福祉学の概念ではあります。そしてそれらを達成するために、獣医療や獣医行動学が存在すると考えています。そして、動物との生活を豊かにするため出来ることを提案する中、飼い主様が頑張る事、動物病院が頑張る事、そして実はその間があまりにも溝が大きすぎて、それらを生める獣医療と言うのが今まで存在しなかったことに気付きました。動物の本来の飼い方だったり、健康管理の仕方、動物病院を嫌いにさせない取り組みであったり、病気になる前に出来ることと伝えるのがメリットとここで簡単に書いても、皆さんは大したことないと思われるかもしれません。しかし、ネットに出ている情報や、獣医師として日ごろ診察をしている中だけで得られる経験値や、かじった程度の情報ではない事が、実際当院の診察を受けていただくと分かるはずです。

これらの事を、獣医師であれば説明出来るわけでもありません。これらの情報を取得するために、私たちは専門の勉強をしております。ご興味がある方は当院を受診されてみてください。

特に、今まで飼育経験がない飼い主さんにとっては、獣医療だけを提供出来る動物病院と、最新の飼い方を説明出来る動物病院では、得られるものの情報量が明らかな差があります。さらに、すでに飼っている方においても、私たちが発信する情報量と同じくらいの知識を、持ち合わせている方に今までお目にかかったことはないので、動物たちと本当に仲良くなりたいとか、本当の快適さとは何かとか、本当の健康管理を突き詰めたいと考えられる飼い主様は、ぜひお越し下さい。

そして、そのような事を行っている動物病院が少ないため、それらを牽引していく次世代の動物病院となれるように努力しております。

そういう意味で当院は、好き嫌いが分かれるかと思います。気に入って下さる方からは絶大な支持を受けるのですが、「みんなに愛される動物病院では無い」のかもしれません。

当院は、一般的な動物病院で万全と考えられるような態勢を整えられない動物病院ですが、『私たちに出来ることは』『私たちにしか出来ない事は』を常に考え、出来る限りの範囲で診療を行い、代わりとして他にはない情報や対応でそれらを魅力と感じて下さる方のみ診療させていただいております。みなさまに助けていただきながら、ご理解いただきながら、診療業務をしております。

飼い主様と信頼関係を築きながら私どもが良好なメンタルの状態で診療が出来ると、私たちの能力の範囲にはなりますが、それらを引き出すことが出来ます。そのために、飼い主さま自身にも我慢はして欲しくないですし、私たちも気持ちよく診療が出来る環境が、双方にとって良い結果を生むと考えております。

飼い主様へのお願いが、たくさんあります。
出来ないことだらけの動物病院ですので、これらの事が病院選びの際に、ご自身のスタイルと違うと感じられた場合は、無理はなさらず、他の動物病院に行かれることをお薦めします。行動学的観点からも、合わなことがいけないのではなく、それぞれの目的や好みによって選択する自由はあり、尊重しなければならない部分です。無理をして行動を獲得するのはトレーニングにおいても行いませんし、「興味を持ち獲得したいと思い、行動が再現されるもの」(強化子)であれば、それを伸ばすが正解だと考えております。
そのような考え方の派生からも、私たちも飼い主様に強制はしたくないのと同時に、私たちにも出来ないサービスや対応を強制していただきたくないなと思っております。そのように私たちは、ご理解いただける方と診療業務を進めたいと考えております。

当院への受診(予防も含む)を希望の方は、【お問い合わせ時のお願い】【初診の方へお願い】もご覧ください。

メリット

予防

  • 当院はの診療は、動物福祉に原点を置いています。その為、予防をとても重視しています
  • 予防の概念は、ワクチンやフィラリア・ノミダニと言ったものだけでなく、食事管理、生活環境、体重管理、メンタルケア(しつけ:行動学の分野)、健康診断などの検査も含まれます
  • それらを総合的に行う事で病気を防ぐことが出来ると、長年獣医療に携わって来て気付いたため、予防を重視する大切さをみなさまと分かち合いたいと思っております
  • ストレスが原因の病気は多くても、正しいストレス回避の情報を取得するのは難しいものです。散歩や激しい運動がストレス発散ではありません。その子その子によってストレスの回避や解消方法は、違います。それらを学術的に積極的に学んでいるのが当院の特徴です=メンタルケア
  • スタッフの人数を最小限に抑えることや、不要な設備投資を抑えることで、コストカットを努力し、近年、出来るだけみなさまに予防を気軽に出来るように努力している最中です(注意:低料金の薄利多売動物病院ではありません)
  • ワクチンや予防薬の簡易的な料金表はこちらです。

しつけ関係

  • 学術に基づいた、しつけを学ぶ事が出来ます(しつけと言う言葉は、使いたく無いですが、どうしてもしつけで検索される事が多いので、あえて使っています)
  • 獣医行動学を学んでいる動物病院だからこそ、医療支援のための必要なしつけやトレーニングが何であるか、提案する事が出来ます
  • 動物病院を嫌いにならないように、無料で病院に馴らすトレーニングが出来ます
  • 動物が率先して行動を引き起こすための助言が出来ます
  • 問題行動が出てしまった時に、悪化する前に、素早く対応出来ます(有料での行動診療の選択肢)

獣医動物行動学およびトレーニングの勉強会など率先して参加して、最新の情報収集に努めています

動物病院嫌いにさせたくないと言う、私たちの思いを書きました。
こちらも併せて下さい。

治療に関する事

  • 将来、治療や投薬が苦手にならないのための提案が、出来ます
  • 当院で出来る範囲にはなるものの、ストレスを可能な限り軽減させたり飼い主さんと協力する事で、心臓病に代表されるように、“来院ストレスで体調を崩し、診察や治療が出来ない”と言ったリスクを減らす努力をしています
  • より良い医療を提供する為に、あたかも何でも出来るかのように見栄を張らず、積極的に、獣医師として信頼出来る病院を、紹介したり相談することが出来ます(一般の飼い主さんがネットで、口コミやその動物病院が作成するホームページなどを見て調べても、残念ながら獣医師がおすすめする動物病院では無い場合が多いのが、現状です)
  • ワクチンの抗体検査を受けられます。ワクチンや予防薬の簡易的な料金表はこちらです
  • 手術の傷がきれい(人の形成外科の看護師長および外科医師など複数の方から評価されました)⇒当院での犬の避妊手術の事例は、こちらです。
    手術は原則かかりつけの方のみのサービスです。当院で予防をなさっていて、それ以外でも馴らしの練習にいらっしゃっていただき、手術の準備をしていきましょう

中医学(≒漢方)を取り入れた診察

  • 中医学を取り入れ、治療と言う概念だけでなく、体を整える事やこの子に出来ることをしてあげたいと言う飼い主様のニーズを満たす可能性を広げられるよう努力しております
  • 西洋医学を中心とした治療をしておりますが、それ以上何もできないところで、別の角度からの治療の提案が出来ます(中西統合医療)
  • 西洋医学のついでに方薬を処方するのではなく、弁証論治を行う努力をし、当院で判断が難しい場合は、セカンドオピニオン(飼い主さん自身が病院を転々とすることではなく、正しいセカンドオピニオンの意味は、かかりつけ医が専門医へ診療や助言をお願いすることを示します)を行い、体質に合った方薬を処方できるように努力しております
  • 中医学的診断は西洋医学と見る角度がまったく違う為、正しい診察を行うためには、時間を要します。舌や脈、性格、体の温かさなど多岐にわたるため10分診療では無理です。じっくり時間をかけ得た情報から体質チェックのチャートを作成し、差し上げております
  • その為、混雑時などは、ご理解とご協力をお願いしております

時間予約(予防のみ)

  • 現在、予防のみですが、他院の順番予約とは異なり、当院では時間予約が出来ます(コロナ前の2019年11月から実施)
  • 当院のかかりつけの方のみのサービスですが、2回目以降ご利用出来ますので、かかりつけとして選ぶポイントとしていただけると良いなと思います
  • 詳しいリンクはこちらです

他の飼い主さん

  • 飼い主さんに、医療関係者が多いです(一般の方の何となくと言った評価とは、判断基準や視点が異なり、医療を仕事にされているからこそ当院がどんな診療をして、どんな向き向き合い方をしているか、正しい評価をされいる等、よく飼い主さんからのお褒めの言葉をいただきます)
  • 飼い主さんに、思いやりのある方が多いです
    以前は少しでも順番を先に取りたいと、他の方が見えていても、小走りで我先に走る方も居ましたが、今は飼い主さん同士で何も言わなくても、譲り合いをされている光景をしょっちゅう目にする機会があり、温かい気持ちに包まれています
  • 良識を持たれている方が、多いです
  • 私たちの不出来な部分をフォローして下さり、それで成り立っている動物病院ですから、それらを協力して下さる方ばかりです。同じようなお気持ちの方ばかりが集まられているので、安心なさってください。逆にそうでない方がたまに来られた場合、かなり待合室では浮いている空気になっています
  • マナー違反の飼い主さんが、現在はほとんどいないので、待合室の雰囲気が穏やかです

動物との関係

  • 当院のスタッフは、動物のストレスを読み取るスキルが、高い方です
  • 動物に、好かれる事が多です(他院では、攻撃行動を示していた猫でも、時間をかけて慣れた例など、多々あり)
  • 動物ファーストと考え、飼い主さんに忖度せず、動物のために伝えるべきことを伝えます

情報発信

  • SNSや当院ホームページでの発信はもちろん、院内で情報発信のための冊子(ニュースレター)などを配布しています
  • 特にニュースレターは好評で、毎月ファイリングなさっている方も複数いらっしゃいます
  • 当院主催のセミナーに無料もしくは、割引価格で受けられる(不定期)

動物福祉

  • 動物福祉の知識は、ネットや世間で言われているようなものではなく、「動物の愛護および管理に関する法律」(動物愛護管理法)の法律改定に直接携わっている福祉の専門家などから得た情報や、大学の講義での福祉学の知識であり、日々更新しています
  • 先日受けた動物福祉学のオープンバッチを、授与されました(こちらは私が取得したバッチで取得日も入っております。動物福祉学入門
  • 動物の苦痛を取り除くために行える、治療や処置の相談が、出来ます

高齢動物のケア

  • 院長自身が、自身の犬を18歳近くまでケアしただけでなく、複数頭の飼育経験から試行錯誤して得た様々な実際の経験を持っており、また、長くこの仕事に携わっているからこそ、かかりつけの飼い主さんたちと長いスパンで接してきています。その為、老齢動物のあるあるなど苦労話や、家で出来るケアなどのアドバイスを、様々な角度から出来ます
  • 高齢動物のケアは、経験がものを言います。診療経験が長いのは強みです
  • いく度もの咬傷事故を起こし殺処分を決断された犬を引き取って世話をした経験と、その子を15歳過ぎまで14年間世話し続け、高齢期を迎え、さらに認知症になってのケアの経験など、保護犬に対しての知識及び高齢期に抱える問題など貴重な実体験を持っています
  • いまだにウサギの寿命は6歳くらい動物病院で言われるケースがあるようですが、当院では10歳の子は寿命とは思っていません。12歳でのオペ実績も複数あり(あくまでも寿命のとらえ方のお話です)
    最高齢16歳を経験しています。

デメリット

診療日と受付時間

  • 土日のみしか来られない方や仕事が終わった時間からしか来られない方にとっては、不便かと思います
  • 動物の為にも無理はなさらず、他の選択肢もあるかと思います
  • しかし実際は、それでも動物病院側の都合に合わせ出来る範囲での受診を希望するとおっしゃって下さる方も多く、私たちの励みになっております

待ち時間

  • 当院は1日の診療件数はとても少ないですが、中医学的診断などとても時間がかかりますし、問診や家での投薬順守をとても重視して聞き取りしたりしっかり向き合って診察をしたいため、待ち時間がとても長くなります
  • ただし、飼い主様の希望により相談内容が長くなりすぎるケースでは追加で相談料をいただいたり、途中で終了させていただく事もあります。ご協力をお願いいたします。混雑している時には、どうしてもお伝えしなくてはならない情報だけに限らさせていただきます。事前にご理解いただけると助かります
  • 現在のかかりつけの方に関しては、みなさまご協力いただけているので、問題ありません

診療費

  • 予防(食事、環境、メンタル、予防薬ほか)をしっかりし、病気になりにくい取り組みをするのが当院のコンセプトです
  • その為、予防にはとても力を入れております
  • 安さを売りにしている薄利多売の動物病院は、まったく目指しておりません
  • 実際診療費は、する内容や使われている注射薬のコストや処方される薬などにもよるので、一概に高い安いは、比較が難しいです(感じ方は人それぞれです)

細かい聴取

  • 経過観察や投薬忘れが無いかなどの聞き取りをを重視した診療をしておりますので、関係ないと思われる内容も詳しく聴取させていただきます。ご協力下さい

たくさんお伝えしたい時は、早口になりがち

  • かなり努力をしておりますが、どうしてもお伝えしたい情報量が多すぎて、他の方の待ち時間なども配慮しながらだと、ゆっくり出来ないときもございます
  • ご理解いただけるととても助かります

管理など細かい

  • 普段の診療で感じられる性格とは異なり、元々の性格が几帳面なわけではありません。しかし努力と根性で、几帳面とみられます。人間ですから、うっかりもたくさんあります
  • しかしそれらは動物たちへすべて負担のかかる事となるため、飼い主様と一丸となって取り組まなければならない事と考えております。その為、私たちの不備をチェックしていただき、間違いを正していただくことにも、ご協力いただいております
  • 体重管理、食事管理、環境管理、投薬の残量管理、再診の遵守、福祉に反していないかなど、しっかり動物に向き合う事が魅力である反面、その意味を理解できない方にとっては負担になるかも知れません。
  • 医学的なアドバイスと感じていただけず、過干渉と感じられるケースもあるかと思います。好まれない方は、避けられた方が良いと思います
  • しかしここの情報が当院の魅力の部分でもあり、これを望まれる方が当院のかかりつけとして、熱いファンとして来院されています。

裏表のない性格

  • 噓を付けません
  • その為、忖度できません
  • ゆるゆるの診療が出来ません
  • でもおっちょこちょいの部分もあります
  • みなさんに助けていただいています
  • 伝えることを伝えるのが、獣医師としての務めと思っております
  • 難しいと思われることも、出来るだけ飼い主さまがしたいと思っていただけるような気持ちになっていただけるように伝えるのはとても難しいのですが、日々研究し、努力を重ねております
  • しかしおそらくコミュニケーションスキルがみなさまの期待されるほどは無いのか、努力してもストレートすぎるかもしれません
  • 「飼い主さまにとって不都合なことは、言わないで欲しい」と言う方には不向きかと思います。言わない動物病院の方が多いので、探すのは容易だと思います
  • 包み隠さず伝えて欲しい、向き合いたいと言う性格の方に合っている動物病院です

さいごに

良いことも悪いことも伝え、来られる前に過大な期待を抱かず、ある程度予想出来る方が、飼い主様にとっても私たちにとっても、双方にとって辛い思いを避けることが出来ます。無駄な時間になってしまったり、お互いが心に傷を負うリスクも減らせます。

これらの事を押し付けて、ガマンして受診して下さいという趣旨のものではありません無理をすると必ず後でほころびが出て、お互い残念な気持ちしか残らない経験をしてきています。

これらの内容にご納得いただけた場合のみ、飼い主様にとっても飼っている動物たちにとっても、私たちにとっても、素敵な時間が流れると思っております。

そして、以上の内容は、現時点でのことで、これからも出来る限り、良い方向に改善出来るところだけにはなりますが、改善を重ねてまいります。

当院は不便な動物病院で、本当に申し訳ありません。

そんな状況にもかかわらず、当院を本当に愛し、応援して下さる飼い主さんたちに囲まれ、スタッフ一同、生き生きと仕事をさせていただいております♡