8月の休診情報

花火

今月の注意事項

山の日があるため夏期休暇が長いです。お薬やフードなど早めにご準備下さい。通常の入荷予定+7日以上かかります。

また、休日明けもすぐに入荷しない場合もありますので、余裕を持って行動されて下さいね。

休診情報

注意!カレンダーは目安です。でも時間帯や内容によっては十分診察対応出来る日もありますので、カレンダーのみでなく下記の詳細もあわせて、かならずご覧下さい。また、自動表示になっているので8月を表示してご覧下さい。

Loading...
<< Previous | Next >>
  1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
  • =通常診療(ただし現在土日は少人数で対応~11:30)下記注意事項を必ずご覧下さい
  • =終日休診
  • =下記参照

注意原則として、初診の方体調が思わしくない場合(かかりつけの方は、事前にご相談下さい)に関しては、『土日(診療時間が短いため)や平日の夕方から詳しい検査や治療を開始するのは、動物のためにも危険を伴います』ので、平日午前のなおかつ早い時間にご来院下さるよう、ご理解とご協力いただけると助かります。
なおかかりつけの方で、前日や当日体調不良になってしまった場合はその限りではありません。

出来る範囲で対応させていただきます。まずご相談下さい。

※※※週末やご自身の休みの日まで受診を引き延ばしてしまう行為も、完治までにより時間がかかってしまったり、助かるチャンスを逃す行為です※※※

休診や時間変更などの詳しい内容は、下記をご覧下さい

入力していても、当月より先のスケジュールは目安(=確定ではありません)です。

カレンダーの詳細

カレンダーでの部分は意外と来院数は少ないので、お早めにご来院く事が出来て、最悪混雑している場合は後日出直せるという方であれば穴場のこともありますよ。体調不良の場合は、診察に時間を要するので対応出来ないかも知れません。

現在、時間の変更がございます。診療案内(受付時間など)のページを、ぜひご覧下さい。

:休診日 :時間変更 :通常&臨時診療(ただし現在土日は、少人数で対応~11:30)

  • 8月1日(木)人数が少ないですが、午前は通常通り対応出来ます
    保定を伴う診療およびフィラリアの採血なども夕方の時間は不可能です。
    (スタッフの体調などで変更する場合もありますので、可能な限り午前の早い時間に来られるか、来院前に対応可能か確認されることをお勧めします)
  • 8月4日(日):通常診療日です。ただし日曜日なので、11:30で終了いたします(ワクチン類の受付は、安全配慮のため10:30までです。初診の方は10時まで)
  • 8月6日(火):定休日です:第1日曜日のあとの火曜日
  • 8月11日(祝)~8月15日(木):夏期休暇です(内訳:11日=祝日、12日=振替休日、8月13日~15日=お盆休み)
  • 8月18日(日):通常診療日です。ただし日曜日なので、11:30で終了いたします(ワクチン類の受付は、安全配慮のため10:30までです。初診の方は10時まで)
  • 8月20日(火):定休日です:第1日曜日のあとの火曜日
  • 8月25日(日):定休日です:第4日曜日
  • 8月27日(火):通常診療日です
  • 8月28日(水):パピートレーニングの勉強会参加のため、休診です

*原則として、初診の方や重症度に関わらず体調が思わしくない場合(かかりつけの方は、事前にご相談下さい)に関しては、『平日の夕方から詳しい検査や治療を開始するのは、動物のためにも危険を伴います』ので、平日午前の早い時間に来ていただくのは変わりません
(かかりつけの方は、まずご相談ください)

現在、時間の変更がございます。診療案内(受付時間など)のページを、ぜひご覧下さい。

今月のコラム

今月は夏期休暇が入る中、月末もお休みをいただいて勉強会に参加してきます。申し訳ありません。

今回のパピートレーニングの勉強会は、4月にも休診させていただき参加いたしました『鈴木博美』さんのセミナーです。通常4~5月はフィラリアや狂犬病などの予防で来院がとても多いので、まず獣医師セミナーは入らないのですが、トレーニングは関係ないのでこんなタイミング・・・と、泣きながら休診にして参加しましたが、休診にしてまで行った甲斐がありました。

4月に参加した時はまったく存じ上げなかったのですが、現在もアメリカでトレーナーとして活躍されている方です。そして私もあれ?もしかして?ともう一度ネットで検索をし直したら、この方のインタビュー記事もいくつも読んでいました。たどり着くもんなんですね(^▽^)

関西弁バリバリのそのノリで、セミナーは終始お笑い状態です。とても楽しいセミナーで有り、とてもためになります。

一般の方も参加出来ますよ!余裕があればまた、清美どうぶつ病院のFaceBookページにシェアするかも知れませんので、清美どうぶつ病院にいいね!をしておいていただくと、こう言うセミナーの案内が流れてきます。

また、私がよく利用させていただくのが、 アニマルリレーションシップdeux さんです。こちらもいいね!しておくと、情報が流れてきて良いと思いますよ。Instagramでも発信して下さっていますよ。(私はインスタは、たまに使っていますが上手に利用出来ていません:汗)

今回はパピートレーニングではありますが、動物の行動を知ることで、本当の意味での動物たちのストレス軽減を考えた診療が出来ます。

犬だからではなく、どの動物でも大きな概念は一緒です。

本当に当院では、昨今テレビやネットに流れているような、恐怖におびえている動物たちの診療がぐっと減りました。

どうしてもと言う時は、動物にとっても飼い主さんにとっても私たちにとっても安全な策をとり、可能な限り短い時間で終わらせます。その際に、怖がらせてしまうこともありますが、無駄にそれらの恐怖をあおったり、状況によって声かけをあえてしないなどの配慮をしております。なので、あのように動画撮影を希望されるような飼い主さんもいらっしゃいません。

可愛い!などという声がネット上にあふれていますが、私は、あれらを見て胸が締め付けられ、悲しみや嫌悪感以外の感情は生まれません。

そんな気持ちで診療し、また、それらを飼い主さんたちに理解していただく為にも、私たちはトレーニングや行動の勉強を続けてまいります。動物たちの本当の気持ちを理解出来る飼い主になることで、動物と共に暮らす深みが全く違ってきます。

そして私は、一般診療をちゃんとするために、行動学を学んでいます。