動物福祉や様々な予防を伝えられる 諸外国や都心部にしかないような ≪次世代の動物病院≫を目指しています

4月の休診情報

4月の大切なお知らせ

フィラリアの検査受付中

コロナの時代に、混雑を避ける取り組みは、とても重要です。

  • 既に3月の休診情報をご覧下さり、予約が入り始めております。日によっては予約が取りにくい日も出てきました。
  • さらに4月に入ると混雑して予約が取りにくくなってまいります。また、3月末までに予約のお電話(受付でも可能)をしていただくと、お得なキャンペーンも行っております。
  • お薬の処方は、4月末までがお得です。
  • まずはお電話か受付で予約(予約はカルテのある方のみ)を入れられて下さい。今までは予約がなくても可能でしたが、コロナ対策の為、混雑緩和のために、原則時間指定の予約のみに変更しております。
  • 診察のついでの方も、混雑緩和目的で一日に行える業務の制限したいと思っておりますので、フィラリア検査も予約の上させていただいております。(予防部分のみの予約なので、詳しくは受付かお電話でお話しさせていただきます)
  • 初診の方は予約は出来ませんが、まずはお電話ください(こちらをクリック)。2回目以降は、時間指定の予約が出来ます。
  • 受付業務に支障を来すため、お電話での料金の問い合わせではなく、直接窓口でお願いいたします。かなりおおまかですが、料金表に料金を掲載しました。料金の目安はこちらを参考になさってください

ワクチンの割引キャンペーン

ワクチン割引キャンペーン実施中です。今後も継続してキャンペーンを行いますので、日程を調整なさって是非お得な値段割引をご利用下さい。

  • ぜひかかりつけの方は、順番予約と違い、飼い主さん自身の予定を立てやすい、時間指定の予約もご利用ください。
  • 現在混雑を防ぐために、予約を入れていただいております。
  • カルテ作成の時間などがかかるため、初診の方は予約は出来ませんが(すでにカルテを作成している場合は可能)、割引価格での接種は出来ます。予防のみでも可能です。次回から予約を取ることが出来ます。

一部土曜日(カレンダー内の▲以外)と、平日の午後も条件付きですが、予防の時間予約が可能になりました♡

【ご注意ください】 目次まで一気に飛ばずに、下記の内容も変更されている場合もありますので、毎回ご覧になられると、行き違いが少なくなると思います。

今月のコラムも、また頑張って書いたので、よろしければご覧下さいね(*^-^*)

コロナでのお願い

必読:「コロナでのお願い」をご覧ください(2021年2月更新)

診察時間

診療案内(受付時間など)のページを、ぜひご覧下さい。(2020年9月から、診察可能な時間が増えています)

:休診日
:18時でスタッフが上がるため、そこで診療を終了しております。
◎ 17時30分(夕方5時30分)までにお電話をいただければ、お薬のみやフード処方は18時30分(夕方6時30分)対応出来ます。ご遠慮なくお電話下さい。
◎ 急な体調の変化なども、かかりつけの方限定ですが、対応出来る範囲で対応しますので、ご連絡ください。
:要注意 (内容はそれぞれ異なります)
:11:30まで(▲は、少人数で対応)
:時間変更

◎ カレンダーの色がついている所は、下記の詳細をご確認していただくと行き違いが減ると思います。

日程の確認 以外もご覧下さいね

日程詳細の下には、その月にお伝えしたいことなど書いております。ぜひ、そちらもご覧下さいね。

日程詳細

【 ▲ 】:4月03日(土)04日(日)

  • ▲は、原則初めて当院にかかられる方の受付をしておりません。恐れ入りますが、▲の付いていない日に出来るだけお願いいたします
  • ▲の日は、診察内容によって対応の範囲(可否)が変わります
  • かかりつけの方は、まずご相談ください
  • 土曜日なので、11:30で終了いたします
  • ワクチンは、アナフィラキシーショックなど命にかかわる症状が出た際の緊急処置が出来ない可能性があるため、出来るだけ▲のついていない日をお勧めしております。(ワクチン類の受付は、安全配慮のため10:30までです。初診の方のワクチン受付は10時まで)
  • フィラリアの注射は、検査が出来ないため、この日は受付しておりません。

【休診】:4月06日(火)

  • 定休日です:第1日曜日のあとの火曜日

◎:4月10日(土)

  • 診療日です。土曜日なので11:30で終了いたします
  • ワクチンやフィラリア注射の予約も出来ます(ワクチン・フィラリア注射の受付は、安全配慮のため10:30までです。初診の方のワクチン受付は10時まで)
  • ワクチン・フィラリア注射の時間予約の詳細は → → → 詳しくはこちら

【休診】:4月11日(日)

  • 定休日です:第2日曜日

【 ▲ 】:4月17日(土)18日(日)

  • ▲は、原則初めて当院にかかられる方の受付をしておりません。恐れ入りますが、▲の付いていない日に出来るだけお願いいたします(かかりつけの方はご相談下さい)
  • ▲の日は、診察内容によって対応の範囲(可否)が変わります
  • かかりつけの方は、まずご相談ください
  • 土曜日なので、11:30で終了いたします
  • ワクチンは、アナフィラキシーショックなど命にかかわる症状が出た際の緊急処置が出来ない可能性があるため、出来るだけ▲のついていない日をお勧めしております。(ワクチン類の受付は、安全配慮のため10:30までです。初診の方のワクチン受付は10時まで)
  • フィラリアの注射は、検査が出来ないためこの日は受付しておりません。

【休診】:4月20日(火)

  • 定休日です:第3日曜日のあとの火曜日

◎4月24日(土)

  • 診療日です。土曜日なので11:30で終了いたします
  • ワクチンやフィラリア注射の予約も出来ます(ワクチン・フィラリア注射の受付は、安全配慮のため10:30までです。初診の方のワクチン受付は10時まで)
  • ワクチン・フィラリア注射の時間予約の詳細は → → → 詳しくはこちら

【休診】:4月25日(日)

  • 定休日です:第4日曜日です。

【休診】:4月29日(祝)

  • 定休日です:祝日です。

◎ カレンダーの色がついている所は、上記の詳細をご確認していただくと行き違いが減ると思います。

≪大好評≫ 時間指定予約(予防関係のみ)

フィラリアの注射およびワクチン接種は、時間指定の予約が取れますよ。現在コロナ対策で、原則予約でお願いしております。

当院では、一般的な順番予約とは異なり、時間指定予約が出来ます。これは、かなりみなさまから喜ばれております。ていねいに診察をしているため、1件1件の時間が長くなってしまう当院の診療スタンスをカバーするために、長年どうにかならないか考え抜き、2019年11月から導入することが出来ております。

コロナ対策としても、安全と安心を提供出来て、多くの方から喜びの声をいただき、ご利用いただいております。

詳しい内容は、動物病院内もしくは、お電話で説明させていただきます。

なお現在は、カルテ作成の時間がかかったり、諸々の理由から、初診の方の時間指定予約は受け付けておりません。かかりつけになっていただけると、ご利用出来ますので、是非ご検討ください。詳しくはこちら ⇒時間指定予約を導入しました

ただいま、≪ワクチン割引キャンペーン実施中です。(初診の方も、料金の割引は出来ます)

今月のコラム(ぜひ、ご覧下さい)

春は木の芽時と言って、一番メンタルを崩しやすい時期です。鬱の患者さんでは特に不調を訴えやすい時期ですし、もちろん、普段疾患を抱えていない方でも、モヤモヤしてしまう時期です。中医学で言う肝の状態が不安定になるからなのです。これは、西洋医学で言う肝臓とは異なります。

たったそれだけの事だけを知っておくだけでも、不安は和らぐのではないかと思います。

朝日を浴びたり、夜に強い光刺激を受けないようにしたり、温かいお風呂に使ったり、ホットミルクや納豆、レタスなど、睡眠を誘うような食材を積極的に取り入れて、しっかりした睡眠を確保するのも大切です。

中医学は、自然と調和した考えを持っています。季節の移り変わりで体調も変化します。無理せず逆らわず受け入れながら、上手にお付き合いしていきたいものです。そして、中医学のとても面白いところが、とてもメンタルに注目します。メンタルの不調が様々な病気を引き起こす原因とされ、西洋医学以上にメンタルに注目します。

獣医行動学を取り入れている当院としては、中医学はとても相性の良い学問です。

メンタルケアは、しっかりとした知識がないとアドバイスすることが出来ません。中薬や漢方を飲んでメンタルを落ち着ける方法は大切ですが、それに加えて、改善できるところを見つけ、取り組むことによって大きな効果をもたらしてくれます。

動物たちがいつもよりイライラしていたり、そわそわしていたり、不安がっていたり、目覚めやすくなっていたり、また、排便回数が増えていたり、食糞していたり、便が軟らかくなったり、皮膚病が悪化したり、咳が増えたり、もう書けばキリがないくらい、メンタルからの不調はあります。

何かしら体調の変化があったら、大したことがないと放置するのではなく、積極的に診察を受けてみませんか?いわゆる不定愁訴にもアプローチできるのが中医学です。

食の細い子の診察も、そんなもんか、体質だから仕方ないと言う事で片づけられてしまっていましたが、中医学ならそこにアプローチをすることが出来ますよ。子犬期などで成長期に食が細いと、細身の虚弱な感じで育ってしまいます。

注意:不定愁訴とは、人間の場合、頭痛とか吐き気とか、けだるさとか、息苦しさとか、痛みとか、気持ちのモヤモヤとか、何かしらの体調の不調があるにもかかわらず、いくら検査をしても原因不明とされてしまい、様子を見てくださいと言われてしまう西洋医学的な診断名のつかない状態の事を言います。

チューリップ
最新情報をチェックしよう!

休診情報の最新記事8件