動物福祉や様々な予防を伝えられる 諸外国や都心部にしかないような ≪次世代の動物病院≫を目指しています

1月の休診情報

【重要】

お願いなど定期的に変わっておりますので、お手数をおかけいたしますが、再度ご覧いただきますようご協力お願いいたします。

お願い

お電話

お電話は、診療受付時間内にお願いいたします。

11:30~15:00は手術や行動診療の予約診療の時間です。電話対応の為、中断しなければならない状況を、知っていただけると助かります。ご自身の子の手術の最中に電話対応していることを想像し、ご協力いただけると大変助かります。

来院前

受付時間

  • いつもお待たせしてしまい、大変申し訳ありません。
  • 特に近年は西洋医学的な診察に加え、中医学的な診察を取り入れているため、舌や脈、毛つや、メンタルの状態などの詳しい診察が必要となるため、1件当たりの診療時間が長くなってしまいます。
  • お昼の時間は休憩ではなく、この時間に手術や行動診療のカウンセリングを含めた外来の時間で出来ない業務を、行っております
  • これらの時間を十分確保出来ないと、安全な手術が出来ません。危険性を高めてしまう為、みなさまのご協力が不可欠です。
  • 10時以降の受付の場合、すでに待合室が込み合っていることが多いです。(来院件数が多い日は、9時前でもかなり待っていただく事もございます)
  • 遅い受付の方が集中されると時間配分や診療計画を立てづらく、お昼の業務時間を圧迫してしまうため、時間調整をさせていただく事となります。そのため順番が後ろの受付の方は、時短診療にご協力いただくようになります。
  • 定期検査の子も検査に時間がかかるため、検査の日は早い時間のご来院に、ご協力お願いいたします。
  • 体調不良や再診であっても、変化がない(治療効果が得られていない)や悪化の場合は、再度詳しい聴取や検査が必要になることがございます。
  • 十分な診察の為に、なるべく早い順番を取られるように、早く来られることをお勧めいたします。
  • 病院が開く前から階段を上がった上のベンチで、お待ちいただく事が可能です。

かかりつけの飼い主様には、いつもご協力いただき、とても感謝いたしております。

スタッフ一同この場をお借りして御礼申し上げます。

コロナ対策でのお願い

  • 必読:「コロナでのお願い」をご覧ください(2021年8月23日更新)
  • フィラリアの注射(期間限定)およびワクチン接種狂犬病ワクチン接種は、時間指定の予約をお願いします。
    • 初診の方は、お伝えすることが多いため、予約は取れず順番通り待っていただきます。2回目以降予約をご利用ください。
    • 1日の人数調整を、させていただいております。
    • 予約のキャンセルは、出来ます。
    • 診察の予約は、行っておりません。
    • 診察と併用の方も、診察の予約は出来ませんが、人数調整が必要ですので、必ず予約を取られてください。詳しくは、その時にお伝えします。
    • 当日も枠が空いていたら予約可能ですが、10時以降のお電話に関しては、当日予約は取れません。
    • 来院の混雑緩和が目的なので、来院前に事前にご連絡ください。

多くの方に出来るだけ安心して、また、出来るだけ制限をかけずにご利用いただくために、ご協力お願いいたします。

特に、動物病院に馴らすための訓練(動物病院を怖がらせない取り組み)はとても重要です。来院頻度を落としたくありません。その為にも、私たちの出来る対策を頑張っていきたいと思います。

診療日カレンダー

重要】 診療案内(受付時間など)のページを、ぜひご覧下さい。

  • 』:平日:原則、午前の受付です。フード販売などは午後の部も可能です。18時でスタッフが上がるため、そこで診療を終了しております。(午後は事前に連絡が有り、継続治療など微調整が必要なく、当院が可能な状態の場合のみ、対応を相談しております。体調が悪い場合は、時間が取れないため難しいです)
    • ただし急な体調の変化などは、かかりつけの方限定ですが、対応出来る範囲で対応しますので、事前にご連絡ください
  • 』:休診、祝日(休診)、臨時休診
  • 』:11:30まで
  • 【条件付き】青』:少人数で対応、初診不可。11:30まで:カレンダー内の詳細を要チェック
  • 』:要注意、および、お知らせ (内容はそれぞれ異なります)

≪その他、たまにスタッフ伝言用の情報(太枠ではなく、文字だけの事が多い)などが、カレンダーに公開されていることがありますが、お気になさらないようにお願いいたします。不明な場合は、お電話でご確認ください≫

スケジュールをクリックすると、詳細を見ることが出来ます。◀▶で見たいに移動して下さい。

【注意】Googleカレンダーが表示されず、「私はロボットではありません」と出る事があります。こちらでは何もしていなくても、出るようです。その際の対策として、

  1. 更新ボタンを押してみる
  2. スマホではなくパソコンを使用するなど、他の機器で使用してみる(パソコンは、今のところ問題無く見えています)
  3. 別のタイミングで見る(時間を少し空けてみると、見えるようになるタイミングがあります)

などで解消する場合もあります(かなり不安定です)。

どうしても見られない場合は、診療受付時間内にお電話ください。これは当院だけの不具合では無いようです。他社のHPを複数見に行きましたがそちらでも同じ現象が起きています。当院が見えない時は、他も一気に見られなくなります。そのため、現時点で対策が思いつかない状態です。

ご迷惑をおかけしております(>_<)

👇👇👇 カレンダー不具合対策として、あくまでも目安として、こちらはご利用ください。更新が間に合っていない場合もあります。

ワクチンキャンペーン

ただいま、≪ワクチン割引キャンペーン実施中です。(初診の方も、料金の割引は出来ます)

今月のコラム(ぜひ、ご覧下さい)

今年こそは、飼い主様向けのセミナーをやっていきたいなと思っています。

ネタはたくさんあるんですが、準備する時間といつ開催するかなどでなかなか出来ずじまいです。もうちょっと適当な性格であれば、思い切って開催してしまえば良いのでしょうが。

と言う事で、今年はある程度見切り発車的にでも、やっていけたらと思っております。

仮:

「意外な落とし穴。これが出来ないと長生き出来ない。病気の前から取り組もう」

「本当にリラックスしたり喜んでいますか?動物たちのストレスサイン。経験や感覚だけのとらえ方は、動物たちを苦しめています。学問として学びましょう」

などなど。構想はたくさんあり、ネタは尽きないのですが、コロナや諸々の準備を考えて進めず。

コロナ対策や様々な事を考えても、原則として、かかりつけの方のみのセミナーにしていこうと思っております。

セミナーが準備出来るまでは、診察室内で話せる範囲ですので、今まで通り細切れに発信していきます。ただし時間もそこまで取れないので、ご理解とご協力をお願いいたします。セミナーでしっかりまとまって系統的に発信する準備をしなきゃとは思っています。

今年も当院は、【予防の大切さ】を経験やネット上の浅はかな知識ではなく、学術的な知識をもとに伝えていける動物病院として、情報更新していきます。その為に、獣医一般臨床(通常の病気診療)、獣医行動学、応用分析行動学、中獣医学(東洋医学)、動物福祉などを有料講習にてしっかり学び、院内配布のみのニュースレターや直接診察でお話したり既に現在も行っていることに加え院内セミナーをすることで、かかりつけの方へのフィードバック行く予定です。

難しい症例やずば抜けたカッコイイ診療は出来ませんが、ほぼすべての方にとって大切にして欲しい部分を発信できる動物病院として、今年も頑張っていきます。

おせち
最新情報をチェックしよう!

休診情報の最新記事8件