ペンションや町医者のような 気軽に立ち寄れる存在で ありたいと思っています。

診察時間変更の理由

NO IMAGE

少し前から、診療時間を一部変更しています。

平日午前(診察時間の表の中で◎と表記)以外の所でも、実際は出来る場合が多かったりします。平日午前に集中させてしまったがため、診療がとても混雑してしまいます。私たちにとっても都合が悪いのですが、やむを得ない状態になっています。(個別の休診や時間短縮などは、各月の休診情報をかならずご覧ください)

午後の時間につきましては、元々11:30~16:00までは手術時間ですので、手術や行動診療のカウンセリングの予約を入れています。また、午前の診療が長引いてしまった場合は、その分が手術時間に食い込むため、手術時間が延長したり、カウンセリングの予約がずれ込んでしまったりもします。

午後の時間の診察をと考えた時に、体調不良の子は検査が必要だったり、様々な処置が必要なこともあります。問診にも時間がかかります。今現在平日の17時にはベテランスタッフが上がってしまうので、それまでにある程度の目処を付けたかったり、薬の準備チェックなどをしたいと考えると、予約が入っていない時だけは14:00~診療受付が出来るかもしれないという感じで、一部に限り条件付きで受けるようになった時期が有りました。

しかしそれが例外にもかかわらず、だんだん常に出来るのが普通になっていってしまう方がいらっしゃいます(ただし一部、状況に理解していただいている方は、午後の受付もしております)。そうすると、予約が入っている日もあったり、急患でその時間に治療しなければならなくなったりし、急にその時間が埋まることもあります。午後の時間に何組も来られる事もありました。それにより私たちも段取りがつかなくなり、スタッフが夕方の時間に上がれなくなり子供のお迎えや家事に支障を来してしまったのです。そのような理由から、「午後の受付はしないほうが良い」という感じになってしまいました。

実際は、年単位で既に在席している他のスタッフもいるのですが、何かしらのアクシデントがあった場合、特に、来院実績の浅い飼い主様とはコミュニケーションの量が少ないため、意思の疎通が足りず、ご不便な印象を与えてしまう事もあります。土日の診療もそのような理由から、制限しております。

そんな時は、私たちもとても悲しい気持ちなり、落ち込みます。

そのようなネガティブな体験を幾度となく経験してしまった結果、「であれば、初めから受付しないほうが良い」という形になっていったのです。

来院実績や深さだけでなく、普段から薬のチェックを受付の説明の段階でして下さったり、処方忘れが無いかなど、一緒に協力して下さる飼い主様の場合は、私たちにももっと余力が増えるので、ここまでは出来るかもしれないと、受け入れが可能になります。

平日にお越し下さる飼い主様の中には、来院可能だから来られているわけではなく、精いっぱいお時間を作って下さっておられる方が何人もいらっしゃることを、私たちは把握しております。

また、元々平日に来られていた方でも、仕事の変更で平日に来られなくなり、土日に来られているケースもあります。様々です。

飼い主様にはご不便をおかけしております。しかし、当院の飼い主様方は、私たちの事をとても愛して下さり大切にして下さいます。その協力があって、当院は成り立っています。

どんどん委縮して受付時間を短縮してまいりましたが、またもう一度、診察可能な時間を少しでも延長出来るように、私たちに力をください。しばらくは、この折れた気持ちを修復させる前に、初診の飼い主さんを◎以外で受付するのは正直怖い気持ちでいっぱいです。ですが、ご理解いただけるようでしたら、来院されてみませんか?

もともと不便な動物病院だからこそ、権利意識の高い飼い主さんからは選択されにくく、思いやりにあふれている飼い主様がほとんどです。すべてとは言えませんが、他院と比べすごく少ないです。本当にクレーマーと言う飼い主さんが、ほとんどいなくなった動物病院です

私はスーパーなどを利用するときに、客層が悪いお店は利用したくないです。それは高級店と言う意味ではなく、安くてもそこまで客層が悪くないお店もいっぱい存在します。当院は決して安売りをしているわけではないのでスーパーの例えを理解していただけるかどうか不安ですが、マナーの良い飼い主様たちが集まる動物病院なので、その部分で価値は高いと思います。待合室で待っている時、すれ違う時など、そういう人と同じ部屋にいると、不快になることが多々ありますよね。

このような経緯から、表向きに、出来ると書ける時間の範囲がかなり狭くなってしまっています。そして、出来ない時に快く受け入れて下さると言った形で、持ちつ持たれつして下さると、私たちも可能なことが増えます。

元々、平日の来院が難しい方で私たちの気持ちを理解して下さる方は、診療受付が可能な場合もあります。(原則出来ないと思っていただく位の勢いの方が、ありがたいです)

苦しい思いを理解して下さると、救われます。

私たちももっと出来ることをしていきたいのですが、現代の世の中の飼い主様の期待感は時代とともにすごく変わってしまい、ついて行けないなと思う事があります。ギャップと風当たりの強さに、可能性を狭めてしまっている現状です。

当院は本当に、思いやりのあふれる飼い主さんの多い動物病院です。