施設のご案内

☆ 病院の外観

施設写真

病院の全景です。
白水小学校側から見た外観です。

☆ 待合室(病院の中から入り口撮影)

施設写真

待合室から入り口を見た画像です。広い風除室があるため、外気が入ってくる量を減らせます。また、こちらにもいすを置いておりますので、こちらでもお待ちいただけます。

☆ 待合室(奥)

機器写真

待合室の奥の方です。当院の待合室は、なるべく動物たちが顔を会わさないような工夫をしております。その一つとして、L字型の形態をした待合室を採用しております。

☆ 入り口のベンチ

病院入り口のベンチです。吠えない子は、こちらで待つことも出来ます。

(吠える場合は、近隣の迷惑になりますので、室内でお待ち下さい)


医療機器について

当院の医療機器の一部を紹介させていただきます。
ここに掲載していない医療機器もたくさんあります。

☆ 超音波検査器(エコー)

機器写真

腹部と心臓を見ることが出来るプローブを搭載。
血流の流れも見ることが出来る、カラードップラーです。

☆ レントゲン撮影装置

機器写真レントゲンを撮影する部屋です。壁には、放射線を遮蔽するために、鉛が入っております。

☆ 血液検査 (生化学検査)

機器写真血液検査の機械です。こちらは、体のミネラルバランスをはじめ、血糖値、タンパク質、肝酵素など、一般的な検査が出来ます。
さらに当院では、富士ドライケムを採用しているため、体に急性炎症が起きたときに増えるタンパク質であるc-CRP(犬C反応性タンパク)を測定できます。
白血球が上がる前の感染症や、その他免疫系の疾患の摘発にとても役に立っており、昔と比べ迅速な診断が出来るようになりました。

☆ 血液検査 (ホルモン、他 特殊検査機 :フジドライケムIMMUNO)

機器写真甲状腺ホルモンや副腎皮質ホルモンなど、通常は外注検査を行わないと測れない項目を、速やかに院内で測定出来ます。
アジソン(副腎皮質機能低下症)などは、検査結果が戻ってくるまで待てない場合があります。さらに、猫の慢性腎臓病の場合には、甲状腺機能亢進症の除外診断も必要となりますが、腎臓病が見つかった時点で、その場で検査することが出来ます。
またこの検査器を導入してからは、外注検査とは異なり、再度、結果説明やお薬処方のために来院していただくことも無くなりました。まだまだ導入されている病院は少ないそうです。

☆ 血液検査 (血液凝固系検査機)

機器写真当院では特に、術前の血液検査(避妊手術、去勢手術、抜歯処置など含む)の時に、この項目も入れております。血が止まらない病気の場合に、メスを入れるのは危険ですし、歯を抜いた後に血が止まらないと言うこともとても危険です。そういった情報を事前に知ることが出来ることは、安心材料につながります。
また、重篤な病気によって血が止まらなくなる状態が引き起こされることもあります。それらの病気の際にも活用出来る優れた機械です。比較的、特殊検査の分類に入りますので、院内にお持ちで無い病院も多いです。

☆ 血液検査 (左:血球計算機と、右:遠心分離器 )

機器写真左は、血液検査の赤血球や白血球、血小板などを測る機械です。貧血や感染症などの診断に有用です。
右は、遠心分離器です。血液検査の他に尿検査や様々な検査に活用しております。
現在、血球計算機は、最新のものに更新されております(写真が古くて申し訳ありません。これは、歴代で2代目のものです)

☆ 尿比重計 (犬猫専用)

機器写真尿の濃さを測る機械です。人用の比重計の方が安価なのですが正確な数字が出ず、誤診につながってしまいます。そのため、当院では犬猫専用のものを使用しております。この機器が壊れ、新しくしなくてはならなくなった時、医療器械屋さんに尋ねたところ、安価な人体用を発注されるケースの方がまだまだ多いとの事です。当院では精度をとても重要視し、高価ですが、再度犬猫専用の物を購入しました。近々、写真更新予定。

☆ 吸入麻酔機

機器写真全身麻酔をかける機械です。
マスクや気管チューブは、各動物のサイズに合わせ用意しております。

☆ 生体モニター

機器写真心電図、SPO2(血中酸素濃度)、血圧、二酸化炭素ガス、麻酔ガス濃度、体温などを測定する器械です。大きな手術はもちろん、避妊・去勢手術でもフル装備で装着しております。

☆ 人工呼吸器

機器写真無呼吸状態の時はもちろん、呼吸の補助として使いますが、手術時に麻酔下では呼吸が抑制され、十分な呼吸が出来ず酸素の取り込みが低下します。そのため、人工呼吸器を回しながら、安全に手術しております。当院では、低コストより安全性を重視しいるため、手術時間の短い去勢手術(ウサギ、ハムスターを除く)でも、気管チューブを気道に挿入し、人工呼吸器を使用して手術を行っております。


まだまだたくさんの機械があります。

これからも、時間を見つけて、追加でUPしていきます。