動物福祉や様々な予防を伝えられる 諸外国や都心部にしかないような ≪次世代の動物病院≫を目指しています

行動診療(問題行動の診察)

ハスキー犬

行動診療(問題行動の診療)を行っている動物病院はまだまだ少ないですが、当院では定期的に獣医療のみならず、マッサージやトレーニングなどの講習会にも参加し、動物たちのストレス緩和のため、より新しい概念を取り入れながら積極的に診療しております。福岡県のみならず、他県からも診療に来られています。

そのため、特に問題行動が無くても、「正しい動物とのつき合いを学びたい」、「正しいしつけを学びたい」という飼い主さんが多数来院されています。問題行動は、予防が第一です。

(注釈:しつけという言い方はあまり好きではありませんが、分かりやすくするために書いております。)

問題行動の診察を希望される方へ

日本獣医動物行動研究会の「診察前調査票」統一様式フォーマットも、ご記入の上、ご持参下さい。

当院を初めて受診される方へ

記入の際の注意事項

  1. 今後の連絡のためのメールアドレスを、日本獣医動物行動研究会の「診察前調査票」統一様式フォーマットに、ご記入下さい。(フォームには記入欄がございませんが、大き目の字で、空きスペースにお願いいたします)
  2. 診察前調査票を記入の際は、なるべくていねいにゆっくり思い出して、ご記入をお願いいたします。用紙が足りない場合は、別紙を加えていただいてかまいません。
  3. チェックをしにくいので、手書きでお願いいたします。
  4. 間取り図生活環境や周辺の写真なども添えていただけると、より効果的です。
  5. 当院に初めてかかられる方は、こちらの問診票の記入もお願いいたします。
  6. 身体検査、臨床学的検査を行っている場合は、血液検査など検査データーも添付の上、かならずご持参下さい。(紛失した場合は、再発行してもらって下さい。難しい場合は、再度こちらで検査することもございます)
  7. 検査データが手元になく、再発行を動物病院にお願いするには、他院への診察に抵抗をお持ちの先生もいらっしゃいますので、その点の配慮の上でお願いした方が良かったと言うケースを経験しております。ご注意ください。
  8. 問題となる行動の動画などを出来るだけ撮影していただけると助かります。iPhoneやiPadの場合は直接受け取れますが、Androidなどの場合は、USBなどパソコンで受け取れる形にしてご持参ください。
  9. トレーニングを行っている場合は、トレーニング動画を見せてください。内容をこちらで精査させていただき、トレーニングを止めてからの診察スタートになる場合もありますので、予めご了承ください。(トレーナーさんによっては連携できない場合があり、複雑化してしまう事を防ぐため、トレーニング内容によっては完全に終了後からの診療です)

診察の流れ

  1. まず、診察受付時間内にお電話を下さい。(土日はご遠慮下さい)
  2. 上記の「診察前調査票」に、ご記入下さい。
  3. 調査票をご持参、難しい場合は郵送して下さい。その際に、メールアドレス(出来るだけメールの方が助かります)、電話番号などを、必ずご記入下さい。
  4. 追加質問がある場合は、ご連絡させていただきます。
  5. 調査票をこちらで解析した後に、診察に入ります。予約を入れて下さい。
  6. 初診時は(1~)2時間(~3時間)程度、診察に時間がかかることがございます。そのため完全予約制です。
    平日のお昼休みの時間に行っているため、午前の診療が混雑した場合、時間がずれる場合がございます。また、午後からの診察に差し支えますので、受付時間には間に合うようにご来院下さい。(あらかじめご理解いただいた方のみの受付となります)
  7. 再診の場合は、おおむね30分~1時間(~2時間)程度かかるケースが多いです。
  8. 午前の診療終了後にスタートさせていただきますので、午前の診療がとても混雑している場合は、待ち時間がかなり長くなることもございます。予めご理解いただけている方のみ受付しております。
  9. 行動診療の診察料(通常の診療費と別料金設定です)がかかります。病気の診察が入った場合は、別途診察料がかかります(薬やその他の治療にかかったものは別)
  10. 初回の診療で今後の相談をさせていただきます。(こちらで不可と判断した場合は、1回きりになる場合もございます)
  11. 多くの症例では1回きりの診察で終わることはほぼなく、継続診療が必要です。
  12. 診察後は、再診の他に初めのうちは週に1回程度メールにてフォローアップの予定(状況により直接最新の場合もあります)です。メールアドレスを必ずご記入下さい。(メールがない場合は、FAXでのやりとりになります)それらのツールがない場合は、直接再診にお越し下さい。
  13. 飼い主様の気持ちが離れた状態での診療は困難です。そのような場合は、診療中止の判断をさせていただくことも、あらかじめご了承ください。
  14. 2回目以降は、次回の再診予定を入れていただきますので、スケジュールが分かる物をご持参下さい。
    (キャンセルは可能な限りなくご遠慮下さい。予約を受けられる件数に限りがあるため、振り替えが難しい場合が多々あります)

問題行動は、病的な要因で起こされていることもあります。その為、医学的検査が必要になる場合がございますので、カウンセリングだけではなく診察を行っております。また、薬の投与などが必要な場合は、随時血液検査も行います。当院で精査出来ない症例の医学的検査につきましては、当院が紹介させていただきます病院と連携(セカンドオピニオン)させていただく場合がございます。

近年、多くの方の獣医療に対する期待値が大きくなりすぎて、多大な負担がかかっております。体力の許す範囲で診察をさせていただいておりますので、様々な意味で業務がキャパオーバーになり体調を崩してしまった場合は、私自身の体調不良などで診療の継続を中止せざるを得ない状況が発生するかもしれません。無理を言って申し訳ありませんが、一緒に手を取って歩んでいけるように、みなさまのご理解とご協力をお願いいたします。

飼い主様の気付きと、精査、評価が、とても大切な診療科目です。みなさまが、私たちがお願いする内容に気付けたり、実行出来るとは限らず、その為、頑張って取り組んでくださっても、私たちの施設では治療困難と判断せざるを得ないケースもありますことを、予めご了承ください。

動物病院様へ

  1. 当院は、行動学を一次診療の範囲で行っている施設(ホームドクターの概念とは異なります)です。
  2. 当院の診療対応範囲(受付時間や診療範囲の制限など)で理解いただけている方で、近郊の方に限り一般診療も可能です。
    ただし動物病院様から提案され、紹介状もしくは電話などでの事前の連絡が入り行動診療に至ったケースでは、それらの対応は、現在のかかりつけでお願いしております。周りの先生との連携が取りづらくなります。当院で使っている薬物の情報などは、随時聞いて、かかりつけにご自身でお伝えください。(かかりつけの動物病院からの問い合わせには、対応します)
  3. 遠方の方は、時間と距離もありその他の体調の変化に対応できないため、行動学のみの担当をさせていただく場合が多いです。その他のフォローはかかりつけの動物病院でお願いします。
  4. 動物病院様で、行動の診療を行っていないケースに限ります(簡単な短期の単回のしつけの範囲は、除く)。その際は、今までの経過報告を教えていただけると助かります。
  5. 動物病院からの紹介を除き、紹介状は無くてかまいません(紹介状をお願いすることで、かかりつけの先生が気分を害され、かえって悪印象を与えるケースもあるようです)
  6. 行動診療の部分のみ、一次診療としてこちらで担当させていただきますので、特に当院からは経過報告など行っておりません。(特にお電話などの事前のご連絡がない場合は、その他の予防などもこちら提案させていただきます)
  7. 既に一次診療を行われていて難治性のケース、特に薬物療法(サプリメントを除く)などを行っていたり、すでに経過が長くなっているケースでは、対応いたしかねる場合もございます。お力になりたいのはやまやまなのですが、日本獣医動物行動研究会でも一次診療の範囲ではそのような症例は受け入れないように、強く止められております。その際は、二次診療施設への受診をお願いしております。
  8. 訓練士さん(ABAなどを学ばれているトレーナーさんを除く)などが現在進行形で入っているケースは、お断りさせていただいております。特に服従訓練を行っている場合は、完全に終了してからご相談ください。

大変申し訳ありませんが、当院のレベルではそのように複雑化してしまった症例を対応出来るまでのスキルを、まだ持ち合わせておらず、研究会においても他の一般診療施設で上手くいかなかった症例を、行動診療を行っている一次診療の施設で受け入れる行為に関して禁止されております

トレーナーさんと獣医診療の違い

たまに、トレーナーさんについてもらってトレーニングをしているのですが、その料金もかかるので、行動診療に一本化したいと言われるケースがあります。

獣医師の役割

一般的な病気から来ているものなのか、問題行動なのかの診察をします。常に、治療をしながらも精査してきます。概要や簡単なやり方は伝えることは出来ますが、細かいタイミングや実践指導は、獣医師は行いません。

トレーナーさんの役割

獣医師から、「このような概念やトレーニングを教えて欲しい」と伝え、それを実技指導するお仕事です。また診察では隠れていた問題点などを現場で見つけ、報告してもらい、獣医師と一緒にプログラムを組み立てていきます。

元々過去の歴史において、獣医師がこれらのことが出来なかったため、トレーナーさんが診断も治療もすべてやっておりました。しかし実際は、てんかん発作からの攻撃行動や常同障害、ケガなどの痛み、かゆみからの情緒不安定などと言った病気が隠れていることもあります。

それらの診断は獣医師の仕事です。これらをトレーナーさんと飼い主様からの報告を受け、獣医師が方向性を決めていきます。新しい学びをなさっているトレーナーさんであれば、これらの事はご理解いただ始めています。

まだまだ過去の歴史の中で、獣医師と連携を取ると言うのが定着していないため、どうしても、トレーナーさんの現場判断になってしまう事もあるようです。これらの連携を取っていかないと、治療方針に行き違いが生じますので、それらの連携を取って下さる可能性の高そうなトレーナーさんを紹介、もしくは、すでにトレーナーさんについてもらっている場合は、このような主旨をお伝えください。

料金

初回の診察

2時間まで:10,000円(税別)(以降、30分ごとに3,000円)
ただいま初回の際は、できるだけ延長も追加をいただかない範囲で行っておりますが、明らかに延長する場合は、追加料金が発生する場合も時によりありますので、ご理解お願いいたします。

おおむね初回は、世間話も交えながらのリラックスした状態でのじっくりと聞き取りが必要となり、また基本用語や考え方などの説明や、飼い主様の状況を把握しながらの提案となるため、微調整がとても必要となります。そのため3時間以上になることもあり、また、午前の診療終了後なので、時間が食い込むことが多々ありますので、お時間に余裕を持ってお越しください。(遅い時間からのスタートにしたいのですが、カウンセリングが終わらない事があるため、前もってご理解とご協力お願いいたします)

追記:初診時に私たちからお伝えしたいことはたくさんありますが、初回は飼い主様の緊張もありお話をしても伝わっていないケースだったり、飼い主様が私たちに伝えたい情報量が莫大で時間が経過してしまい、私たちから飼い主様に伝えたいことを伝えきれなかったりする事例がたまにあります。その為、あまり長くならないようにし、足りない部分は次回の診察に回すように変更しました。

今後もいろんな事例を経験し、飼い主さまにも私たちの取ってもお互いにとって、よりよい診療を行っていくために少しずつ調整していきますので、ご了承お願いいたします。

特に初回は、問診票のチェックが入るので、再診の2~3倍の労力が必要なため、このような設定とさせていただいております。

2回目以降(不安定な状態の時)

はじめのうちや状態が安定しない時は、1~2週で再診を受けていただきます。特に攻撃行動など深刻なケースでは、1週間ごとの診察が必要です。

1時間まで(以降、30分ごとに3,000円)

  • 2週間以内の再診:6,000円(税別)
  • 4週以内の再診:10,000円(税別)飼い主様都合で、どうしても間が空いてしまう場合は、フォローアップ(途中の無料相談)の対応も増えるため、こちらの料金となります。しかし、マメな調整が出来ないと言うデメリットもありますので、原則として短いサイクルをおすすめしております。

飼い主様のお考えや家族構成や、生活の状況、価値観などの聴取がとても重要となるため、世間話や一見関係ないようなお話をしながら関係を築く場合もございます。そのためとても時間がかかります。(だだ、あまり脱線する場合は、こちらの判断で、方向をかえさせていただく場合もありますので、予めご了承下さい)

お願いしたことが難しい場合は、診療の継続が困難となる場合がございます。

安定後

特に大きな変化が見られなくなり、2週間に1回程度のフォローアップで良いレベルになって来た場合は、再診のサイクルを伸ばしております。その診断をした上、ご相談させていただきます。

  • 1か月以内の再診:6,000円(税別)ただし安定期

フォローアップ

診察から次の再診までの間に、電話や専用のメール(診療開始時にお伝えします)で、フォローアップさせていただいております。速やかには返信しておりません。(休診日や深夜は、原則、いただいた連絡のチェックを行っておりません)

当院からの返信などは、診療が終了してから行う事もあるため、深夜の返信になることもあります。受信機側の設定で、夜間の受信音が鳴らないような設定にしていただけますと助かります。

今のところ、途中のフォローアップに関しては無料で行っております。

こちらで使うメールからの診療予約やフードなどの予約、行動以外の事に関する診察相談などは、他の飼い主さまとの公平性を保つために出来ません。それらの内容や急ぎで確認したい事柄につきましては、直接診療受付時間内にお電話ください。

電話やメールではフォロアップしきれないと判断させていただいた場合は、状況によっては、再診のサイクルを次の予約より早めさせていただくなどの提案をさせていただく場合もございます。

経過観察の報告書の事前提出がなく、診察の来院時にまとめて提出される場合は、診察前にそれらの精査をする時間が別途かかるため、それらのチェックにかかる時間によって、診察料とは別途に料金が発生します。別途料金が発生しないためにも、期限内の提出にご協力お願いいたします。

  • 15分以内:3,000円
  • 30分以内:6,000円

なお、短時間で精査するために、見落としや提案できる内容が制限される可能性も予めご了承ください。事前にお約束させていただいた期限までに提出いただけた場合は、じっくり思い返しながら、提案できる幅が広がると言うメリットがあります。

行動診療は、料金設定を見ると高いなと思われるかもしれません。しかし実際診療を行ってみると、これらの時間以外に準備することも多く、フォローアップにはとても時間を割きますし、トータルすると一般診療と比べるとかなりの格安になってしまいます。実際獣医行動学の専門医の先生方も、もっと高い設定にしていても、大変だとおっしゃっています。さらに私たちは、動物病院の施設を持っているため、それにかかる維持費もかかります。

獣医行動学のみならず、ドッグトレーナーさんたちが参加される有料セミナーなどにも積極的に参加し、スキルアップのための教育費用もかなりかけています。仕事としてと言うより、世の中の動物たちと飼い主様により良い提案を出来るためにという使命感で取り組んでおります。これらの事をご理解いただけた場合のみお受けしておりますので、ご理解お願いいたします。

お願い

  1. 問問題行動の診察や治療には、飼い主さんの協力が不可欠です。詳しい観察と実行により治療をすすめてまいります。可能な限り多くの情報を、お願いいたします。写真動画の撮影も有効手段になりますので、撮影にご協力下さい。
  2. 他の病気と違い、実際の治療は飼い主さんとの接し方が重要になります。その為、他の病気以上に、飼い主さんの努力が必要になる分野です。救うのは私たち獣医師やトレーナーさんではなく、飼い主様です。きっと道は開けると信じ、一緒に頑張りましょう。私たちが治すのではありません私たちは、みなさまのサポートをさせていただきます。その為には、飼い主様が私たちをサポートして、支えて下さることも重要です。
  3. 具体的なやり方のアドバイスや繰り返しのトレーニングが必要な場合は、トレーナーさんと連携して実践する場合がございます。(トレーナー費用は、別途トレーナーさんにお支払い下さい)ただし、服従訓練、リードショック、リーダーウォーク、体罰や叱責、チョークチェーンの使用(スパイクがついていなくても、チョーク=絞めるタイプの首輪での訓練は推奨していません)を行う訓練士さんやトレーナーさんとは、当院の治療のやり方が違うため、連携出来ない場合もありますので、あらかじめご了承下さい。【犬のしつけに使うチョークチェーンについて】もご覧ください。(チョークチェーンを使っていなくても、リードに極々小さくでもショックを入れるトレーニングは、完全に止めていただきます)
  4. 診察の内容によっては、お受け出来ない場合もございます。
  5. 私たちはとても小さな動物病院です。その為、出来ることに限りがあり、飼い主様にご協力をお願いすることがとても多いです。ご協力いただける方のみ、診察させていただいております。不都合だらけですが、その中で出来ることを、一緒に探していきましょう。

問題行動の治療には、遺伝要因、育った環境、発育時の栄養状態、基礎疾患、過去の経験(知り得ないことも含め)、現在の環境要因、家族(他動物も含め)構成など、ありとあらゆる諸々の要因が複雑に絡まっている場合があります。

その為、飼い主様自身の努力だけでは解決出来ない場合もございますし、すべての問題行動を解決出来るわけではありません。


当院は獣医行動学を学び、常に最新の情報を取り入れる努力をし、適切なアドバイスが出来るように学びを続けている動物病院です。