ハスキー犬

行動診療(問題行動の診療)を行っている動物病院はまだまだ少ないですが、当院では定期的に獣医療のみならず、マッサージやトレーニングなどの講習会にも参加し、動物たちのストレス緩和のため、より新しい概念を取り入れながら積極的に診療しております。福岡県のみならず、他県からも診療に来られています。

そのため、特に問題行動が無くても、「正しい動物とのつき合いを学びたい」、「正しいしつけを学びたい」という飼い主さんが多数来院されています。問題行動は、予防が第一です。

(注釈:しつけという言い方はあまり好きではありませんが、分かりやすくするために書いております。)

問題行動の診察を希望される方へ

日本獣医動物行動研究会の「診察前調査票」統一様式フォーマットに、ご記入の上、ご持参下さい。

犬の飼い主さん用 ⇒ http://vbm.jp/DogQ.pdf

猫の飼い主さん用 ⇒ http://vbm.jp/CatQ.pdf

記入の際の注意事項

  • 診察前調査票を記入の際は、なるべくていねいにゆっくり思い出して、ご記入をお願いいたします。用紙が足りない場合は、別紙を加えていただいてかまいません。
  • 間取りの写真なども添えていただけると、より効果的です。
  • 身体検査、臨床学的検査を行っている場合は、血液検査などデーターも添付の上、ご持参下さい。

診察の流れ

  1. まず、お電話を下さい。(土日はご遠慮下さい)
  2. 紹介病院がない場合でも、診察は出来ますので、ご心配なさらないで下さい。紹介の場合は、紹介先の動物病院名を教えて下さい。(出来れば、そちらの先生からご一報お願いいたします)
  3. 上記の「診察前調査票」に、ご記入下さい。
  4. 調査票をご持参、難しい場合は郵送して下さい。その際に、メールアドレス(出来るだけメールの方が助かります)、電話番号などを、必ずご記入下さい。
  5. 追加質問がある場合は、ご連絡させていただきます。
  6. 調査票をこちらで解析した後に、診察に入ります。予約を入れて下さい。
  7. 初診時は(1~)2時間程度、診察に時間がかかることがございます。そのため完全予約制です。
    平日のお昼休みの時間に行っているため、午前の診療が混雑した場合、時間がずれる場合がございます。また、午後からの診察に差し支えますので、受付時間には間に合うようにご来院下さい。(あらかじめご理解いただいた方のみの受付となります)
    *ただいま、平日の夕方も検討中ですが、時間外労働のため時間外料金が別途加算される方向になると思います*
  8. 再診の場合は、おおむね30分~1時間程度かかるケースが多いです。
  9. 診察料とは別に、カウンセリング料がかかります。(薬やその他の治療にかかったものは別)
  10. 診察後は、再診の他に週に1回程度メールにてフォローアップの予定です。メールアドレスを必ずご記入下さい。(メールがない場合は、FAXでのやりとりになります)それらのツールがない場合は、直接再診にお越し下さい。

問題行動は、病的な要因で起こされていることもあります。その為、医学的検査が必要になる場合がございますので、カウンセリングだけではなく診察を行っております。また、薬の投与などが必要な場合は、随時血液検査も行います。

お願い

  1. 問題行動の診察や治療には、飼い主さんの協力が不可欠です。詳しい観察と実行により治療をすすめてまいります。可能な限り多くの情報を、お願いいたします。写真や動画の撮影も有効手段になりますので、撮影にご協力下さい。
  2. 他の病気と違い、実際の治療は飼い主さんとの接し方が重要になります。その為、他の病気以上に、飼い主さんの努力が必要になる分野です。救うのは私たち獣医師やトレーナーさんではなく、飼い主様です。きっと道は開けると信じ、一緒に頑張りましょう。私たちは、そのサポートをさせていただきます。
  3. 具体的なやり方のアドバイスや繰り返しのトレーニングが必要な場合は、トレーナーさんと連携して実践する場合がございます。(トレーナー費用は、別途トレーナーさんにお支払い下さい)ただし、体罰や叱責、チョークチェーン(スパイクがついていなくても、チョーク=絞めるタイプの首輪での訓練は推奨していません)などを使うトレーナーさんとは、当院の治療のやり方が違うため、上手くいかない場合がございます。その為、トレーナーさんによっては連携出来ない場合もありますので、あらかじめご了承下さい。
  4. 診察の内容によっては、お受け出来ない場合もございます。

問題行動の治療には、遺伝要因、育った環境、発育時の栄養状態、基礎疾患、過去の経験(知り得ないことも含め)、現在の環境要因、家族(他動物も含め)構成など、ありとあらゆる諸々の要因が複雑に絡まっている場合があります。その為、すべての問題行動を解決出来るわけではありません。