元気で長生きの為に、動物福祉や飼育、様々な予防の概念を伝えられる ≪他には無いタイプ≫を、目指しています

初診の方へ おねがい

NO IMAGE

1.かならず『お電話の上』お越し下さい。事前にご連絡がなく来院された場合、診察出来ない場合がございます。(ただいまコロナ対策で、事前にお電話がない方は、入室出来なくなっております。事前の判断やお願いなどがあるため、来院後の病院前からの電話は、受け付けておりません)
また、飼い主様にお手間をおかけしないようにするために、診療内容が対応可能かどうかの仮判断、受付時間(診察内容による)や来院の際のアドバイスなどをさせていただいております。

2.お問い合わせのおねがいを、かならずご覧ください。

3.提携動物病院の関係でご来院される場合は、土日なども(診察日および受付時間内で)出来るだけ対応したいと思っております。▲の日は少人数で行っているため、出来れば▲の日を避けていただけると助かります。来院日の相談は▲以外の日に、事前にご相談ください。そのため提携である旨をまずお伝えください。

4.【 問診票(こちら) 】カラーで印刷の上、ご持参いただけますと待ち時間が短縮しますので、ご協力をお願いしております。
(印刷出来ない場合は、内容をメモしていただけると、待合室でスムーズに記入出来ます)

5.手術は、ただいま新規の方の受付は、お受け出来ない状態です。

当院では、予防や別の診療で既に来られている方、これらの内容で来られる方が将来手術のタイミングになった場合のみ、実施しております。

ただし、

  • 引っ越して来たばかりで、まだ動物病院に行ったことが無い
  • 保護犬などを譲り受け飼い始めたが、ちょうど手術の時期に来て、初めて動物病院を探している(どこの動物病院にも、行ったことが無い)
  • 親戚が飼っていたが飼えなくなり、譲り受けた
  • 当院のかかりつけの飼い主さんからの紹介(お名前+動物のお名前をおうかがいします) 等

などの理由で、お困りの場合は、ご相談ください。ご事情により、私たちの出来る限り検討させていただきます(お受けできないケースもありますことを、事前にご理解ください)

現在、予防などで行かれている動物病院がある場合は、既に信頼関係の構築が出来ているかと思います。そちらにまずご相談ください。

手術は、命を預ける行為です。

事前に予防などで通っていただき、日ごろからのコミュニケーションを通して、当院の方針や手術の方法など、しっかり理解していただきたいと思います。

近年、『行った事のない動物病院で、いきなり手術をして欲しい』というケースが増えているようです。その場合、飼い主さんの思いが見えずらく、飼い主さんの希望と私たちのベストがうまく伝わらず、悲しい結果となっている他院の事例を目にします。

予防などの時から、普段使いでご来院いただき、たくさんお話しさせて下さい。

納得のいく形で手術を実行しなければ、たとえ正しい手術であったとしても飼い主様と私たちの捉え方の不一致で、感情のもつれが発生します。それに巻き込まれる一番の被害者は、動物達なのです。

6.こちらには、状況により重大な内容を更新しています。かならずご覧ください。https://kiyomi-ah.com/notice-toppage/

お問合せ時の おねがい

お電話される前に、かならずこちらをご覧ください。