ハムスター

特徴

現在、診察時間等でご不便をおかけしておりますが、それでも不思議と多くの方の支持が集まり、来院して下さいます。

それはきっと、「正しく動物に向き合いながら飼うのに、必要なこと」が詰まった動物病院であり、飼い主様と動物病院の絆の強さからだと思います。また、犬や猫を飼い始めた方(⇒『子犬子猫を飼い始めたら、すべき事』をご覧下さい)からは、他には無いこの特徴が、魅力的で最適だと、多くの喜びの声をいただいております。

もちろん大人の子で、今まで動物病院を嫌がっていた子でも、診察中に落ち着いてきたという経験をたくさんしています。

こころも体も健康で、長生き出来ることを、目指しています。

診察動物

  • うさぎ
  • ハムスター

事前に問診票を印刷し(問診票はこちら)、ご記入いただけますと、待ち時間短縮に繋がります。なお、印刷出来ない方でも、内容をご覧いただき、メモなどにご準備いただけますと、待合室での記入がスムーズになりますので、事前にチェックすることをおすすめします。

診療内容

  • 一般診療全般 【内科、外科、内分泌(ホルモン)科、循環器科、泌尿器科、生殖器科、皮膚科、眼科、歯科、心の病、ほか】
  • 健康管理 【予防全般、飼い方、しつけ、相談、ほか】特に、行動診療を希望の方は、こちら【行動診療(問題行動診療)を希望される方へ】を必ずご覧下さい。

動物を飼う際、病気の予防は基本の「き」だと思いますが、問題行動の予防や、体のどこでも触れたり、薬をあげられたり、さらに、きちんと動物の心をくみ取るスキルを身につけると言う事も、全く同じレベルで必須項目です。

病気の予防だけでは、「健康で長生き」にはつながりません。高寿命の子は、メンタルが安定している=心のケアーがきちんと出来ている子が、多いです。

当院は、動物にとっても、楽しい場所であり、また、数少ない動物のこころのケアーが出来る動物病院です。

喜んで来院される動物たちが、圧倒的に多いです。

トリミング

当院では、健康管理の一環としてトリミング業務を行っております。

料金や詳しい日程などは、受付窓口にておたずね下さい。直接トリマーに質問することも可能です。

当院には2018年12月よりJKCのA級ライセンスを持ったトリマーが在籍しております(A級ライセンスを持っているトリマーは、全国でも数少ないです)

診察時間

現在、通常の診療時間を一部変更しております。

もう少ししたら戻す予定です。それまでは、下記をご参照ください

初診の方はカルテ作成に時間がかかるため、少なくとも受付終了30分以上前にはお越し下さい。(混み合っている場合、来院が遅いと受付出来ない場合があります)体調不良の場合は、受付開始と同時くらいにはお越し下さい。(出来ることが制限されてしまう場合がございます)

臨時休診などは、各月の休診情報をご覧下さい。

時間変更



午前09:00~11:30
午後02:00~04:00
午後04:00~06:30

(原則として、第245日曜日と、第13日曜日のあとの火曜日、祝祭日、臨時休診が休診日ですが、しばらく変則的になっております。詳細は毎月の休診情報をご覧下さい)

  • ◎=通常診療可能:(きちんと対応したいので、初診の方は、出来るだけこちらでお願いしております)=通常の診療は、◎の時間帯をおすすめいたします:日曜日と火曜日は、休診日の週もありますのでご注意下さい
  • の時間帯は、対応可能か事前にご確認の上、ご来院下さい
    =手術がない場合は、対応:診療およびワクチン可能(下記解説有り)
    =スタッフの勤務シフトで不在で無ければ、健康な子のワクチンと、簡単な診療は可能(検査などが必要な場合は、改めて平日の朝一番の来院をお願いする場合がございます)
  • =健康な子のワクチンや、簡単な診療は対応可能(検査などが必要な場合は、改めて平日の朝一番の来院をお願いする場合がございます)
  • 臨時休診もございます。必ず毎月の休診情報をご覧下さい。

補足説明
平日の午後2時からの診療は、手術が入っている場合は手術が終わり次第になります。そのため午後の診療が難しい日もございます。
現在は、お昼の時間も電話が通じるようにしておりますので、お電話で確認の上お越しいただけると午後2時からの診察も可能です。(午前の診療の状態により、その日に急に緊急手術が入る場合もございます)
また午後の遅めのお時間は、前の方の診察時間が長くなった場合、スタッフの退勤と重なってしまうので、出来る限り早い時間をおすすめします。

  • フードや、事前に準備させていただきましたお薬のお渡しなどは、平日の夕方の時間帯も可能です。ぜひ、ご利用下さい。
  • 馴らし訓練も大歓迎です。(少しお待ちいただく事もあるかも知れません。また、診察が入っていたり手が空かない時は、また別の日に来ます♪という感じでお気軽にお越しいただけると、私たちも助かりますし、動物たちもそれくらい気楽の方が、慣れやすいです。)
  • フード注文やお問い合わせの電話は、なるべく平日にいただけると助かります。(みなさま本当に、ご協力ありがとうございます!)
  • ワクチン接種は、安全のために、受付終了1時間前までとさせていただいております。
  • 朝は、9時からの受付に、戻します(朝8:30からの受付は、しばらくお休みます)しばらくは早めの時間から施錠を開けますが、随時遅くして参ります。
  • 初診の方は、ていねいに状況把握をさせていただきます。そのため問診に時間がかかります。なるべく早くお越しいただけますと、大変助かります。(カルテ作成に作成に15~30分程度かかります)
    ただし、事前に問診票を印刷し(問診票はこちら)、ご記入いただけますと、待ち時間短縮に繋がります。
  • 継続診療では無いケースや継続中でも悪化があるようなケース、また、血液やレントゲンなどの定期検査が必要な場合は、なるべく午前の早い時間にお越し下さい。出来ることに限界があり制限がかかる場合がございます。(外注検査や人手が少なくなる時間帯、また夕方や週末は特殊な薬の入手が困難になります。そのため十分な検査や治療が出来ないことがあります)

大変ご迷惑をおかけいたします。

※その他の時間は、福岡夜間救急動物病院(博多区:似ている名称の動物病院が数件ございますので、お間違いないように)で診察を受けることが出来ます。年中無休です。詳しい時間帯などは、下記のアドレスからご確認ください。http://www.pet99.net/

※※当院のかかりつけの方であれば、その他の他院に応急的に受診されたケースでも、その病院での継続治療の指示が出た場合であっても、後日、当院で継続治療をすることは出来ますので、治療内容や薬の名前、用量など、詳しく記載してもらってください。
普通の動物病院では、かかりつけで継続治療をしたいと伝えれば、書いてくれますのでご安心ください。