内服薬・スポットタイプの場合

フィラリアの予防薬の効果 月1回のませる予防薬は1ヶ月間薬が効いているのではありません。飲ませたときしか効いていません。 ではどのように効いているのでしょうか?

フィラリアの幼虫を持った蚊にワンちゃんが刺されます。ワンちゃんの体内に、フィラリアの幼虫が進入してきます。数回脱皮しながら、心臓へ向かい成虫になります。進入してきた幼虫が、大きくなる前に殺しているお薬です。

その猶予期間が1ヶ月(図中の青い線の部分)という事なのです。 投与期間が1ヶ月以上あくと、フィラリアが薬の効かない大きさになってしまいます。 また、最後の投薬後にフィラリアを持った蚊に刺されると感染してしまいます。

蚊が飛んでいる時期に予防薬を中止するのは、今までの期間の予防を投げ出すのと同じくらい怖いことです。

蚊が出始めて1ヶ月後から蚊がいなくなって1ヶ月後までの投与をすることがおわかりいただけたと思います。

注射の場合

注射は1回打てば、1年間持続します。

ただし、ワクチンのように1頭ずつ分かれていないので、1本溶解したら、一気に使ってしまわなくてはなりません。その為、各病院によって募集期間が異なります。

当院では混雑分散のため、内服の方のスタート時期とずらして実施しております。


リンク:犬のフィラリアって、どんな病気?


フィラリア検査のすすめ